いつでもこりこり知らずボディにmake|温熱両方などで健康

機器を導入

リンゴを食べる

エステサロンなどに温熱療法を導入するための金額

最近はエステサロンや整体院などの民間療法を行っている施設に、温熱療法の設備を導入する動きが拡がっています。エステサロンや整体院などで使用されている、業務用の本格的な温熱療法の機器の価格は、30万円から100万円程度で販売されています。温熱療法を受けるための費用は5000円から10000円程度ですので、30万円から100万円程度で業務用の設備を導入した場合でも、短期間で投資金額を回収することが可能です。エステサロンなどの民間療法の施設を開業する時には、温熱療法ができる設備を導入すると、安定した収益の基盤にすることができます。最近はガンの予防の効果が期待できると人気が高まっており、集客力を高める効果が期待できます。

温熱による療法のこれまでの歴史や変遷

原始的な温熱療法は、紀元前のギリシャで既に行われていました。人類は長年の経験から、体を温めると健康を促進する効果が得られることを知っており、日本でもかなり昔から温熱療法は行われていました。日本では1960年代頃から、街中で手軽に温熱療法ができる施設として、サウナの店が増えてきました。1970年代になると、家庭で手軽に温熱療法ができる家電製品が販売され、愛用者が増加しました。1990年代になると、日本各地にスーパー銭湯が誕生し、手軽に岩盤浴を楽しめるようになりました。2000年代になると、エステサロンや整体院などの施設に、温熱療法ができる設備が導入されるようになり、大勢の人が利用するようになりました。